2018年 留学生、たこあげ大会へ出場

平成30年2月25日(日)、昨年に引き続き留学生たちが「第34回京都こどもてづくりたこあげ大会」に出場しました。さつき寮、みずき寮、きょうと留学生ハウスの寮生たちが、「たこづくりワークショップ」で作成した個人用の凧と団体用の連凧を持参して嵐山東運動公園に集まりました。

昨年の大会では、連凧のエントリー競技部門で2位と京都新聞社賞のダブル受賞を果たし、会場を大いに賑わせましたが、今年はどのような結果になるのか?多くの参加者からも注目される中で今年の大会を迎えました。

たこあげ大会の会場に到着すると既に多くのたこが上がっていました。開会式で留学生たちから挨拶をさせて頂き、その後、子どもや保護者たちと一緒に自作のたこを上げ始めました。最初は、たこのバランス調整などでなかなか空に上がらないたこもありましたが、会場に併設されていた「たこ病院」でバランス調整をして頂くと、高く空に舞い上がるようになりました。

会場の空に多くのたこが飛んでいるところで、いったん休止して、エントリー部門の競技が始まりました。京都市内の児童館や学童保育所の子どもや保護者たちが制作した大凧や創作たこなどがエントリー順に上がります。上手く空に舞い上がるたこもあれば、失速して落下するたこなど、会場の参加者たちは空を見上げながら、一喜一憂していました。

そして、いよいよ留学生チームの連凧を上げる時間となりました。
40枚の凧が連なった連凧を全員で運び、号令に合せて一気に走り抜けます。留学生一人一人が握った糸が手から離れると、連凧は空高く舞い上がりました。留学生が一枚一枚丁寧に描いたたこが、どれが自分が作ったものか見分けがつかないほど空高く舞い上がり、会場からは大きな拍手と歓声があがっていました。

全てのエントリー競技が終了し、閉会式での結果発表を待つまでの間、子どもたちによるけん玉競技を観戦し、留学生たちもけん玉に挑戦しました。
生まれて初めてけん玉に触れる留学生も多く、思い通りにけん玉で遊べない様子でしたが、指導員からけん玉のコツを教えて貰うと、全員がけん玉の剣先に玉を入れることに成功しました。剣先に玉が入ると大喜びの留学生たちでした。


そして待ちに待った閉会式、ここで各部門での受賞団体の発表と表彰が行われます。
留学生たちは連凧部門にエントリーしましたが、今年は参加団体も増えて合計6団体の中から受賞団体が選ばれます。
各部門での受賞団体の発表が行われ、最後に連凧部門の受賞者の発表が行われました。

今年の連凧部門で、留学生チームは2位を獲得しました。
なお、100枚の連凧を飛ばした学童保育所の子供たちの団体が優勝し、京都新聞社賞は小学校のPTAグループが受賞しました。
会場で受賞のアナウンスとともに留学生たちは舞台に上がって喜びを分かち合い、会場からの多くの拍手に包まれていました。
留学生たちは2位獲得の歓喜に浸る間もなく、来年の大会に向けて「100枚の連凧を作って優勝を狙う!」と意気込んでいました。


留学生たちにとっては、日本の冬の風物詩であり伝統的な遊びである「たこあげ」を体験し、京都市内の子どもたちや保護者の方々とも触れあえる貴重な経験となりました。このような機会を提供して頂いた「京都こどもてづくりたこあげ大会」実行委員の方々をはじめ地域の方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。

 

 

 

広告

2018年 留学生たこつくりワークショップ(2日目)

平成30年2月2日(金)、昨夜のワークショップに引き続き、連凧作りがさつき寮で実施されました。合計40枚のたこを連ねる作業ですが、その凧一枚一枚に絵を描き、凧を作って連ねます。

絵を描き始めて数分間、留学生たちは凧に描くヒントになる画像を検索するためにスマホを片手に睨めっこ。題材が決まって描く手も徐々に動き始めました。
40枚の凧に絵を描く作業は乱雑になりがちですが、留学生たちは丁寧に絵を描いてくれました。なかでも美術を専攻している留学生は、美術絵画の模写をとても上手に描いてくれていました。

和凧に絵を描き終えれば、流れ作業で40枚の凧の成形します。それらの凧に糸を通して40枚の凧が連なるようにしていきます。連凧が空に上がるために気が抜けないところです。

昨年の大会では連凧部門で2位、そして京都新聞社賞を受賞しましたが、今年はどんな結果になるでしょうか?
多くの方々の期待の目が京都の空を見上げることになりそうです。

2018年 留学生たこつくりワークショップ(1日目)

平成30年2月1日(木)、昨年から留学生たちが参加させて頂いている「きょうと子ども手作りたこあげ大会」に向けて、留学生たちの手作りたこ制作のワークショップがさつき寮にて実施されました。
さつき寮、みずき寮、きょうと留学生ハウスの寮生の他に退寮した寮生やその友達の留学生などが集い、六角形の和凧を制作しました。制作には昨年と同様にたこあげ大会実行委員会のスタッフの方々がさつき寮に来て頂いて、留学生たちに手作りたこつくりを指導して頂きました。

一人一人が丁寧に和凧に絵を描いています。味わい深い絵を描く留学生や幾何学的な模様を描く留学生、可愛らしい絵柄を描く留学生など、とても個性的な絵柄の和凧ができあがりました。

たこあげ大会は2月25日に開催です。留学生たちの和凧が京都の空に飛びあがるのが今から楽しみです。

2018年 新春おせち料理企画

平成30年1月21日(日)、新春企画として日本のお正月を味わう「おせち料理企画」を行いました。京都グレースライオンズクラブの皆様が「留学生たちに日本の新年の習慣と日本の母の手料理の味を知ってもらいたい」という想いで毎年実施して頂いています。
今年は、さつき寮の寮生のほかにみずき寮ときょうと留学生ハウスの3棟から総勢30名近くの留学生たちが集まって参加しました。

同クラブの皆様が準備して頂いたエプロンと三角巾を身に着けて、寮生たちが各テーブルに用意して頂いた具材の調理をお手伝いします。料理の手解きを受けながら、卵焼きやちらし寿司を一緒に作っていきました。同クラブの皆様の料理の手際の良さと抜群のチームワークもあって、約30名分のおせち料理が次々と完成していきます。寮生たちも料理の一つ一つに丁寧に盛り付けを行っていました。

調理が終わって同クラブの皆様との自己紹介タイム。今回参加して頂いたメンバーの方々の自己紹介と日本人が新年におせち料理を食べる意味と各具材に込められた願いなどの説明をして頂きました。
その後寮生たちは各自に用意して頂いたお重におせち料理を盛り付けて、ちらし寿司とお雑煮と一緒に着席します。そして「いただきます」の掛け声で一緒におせち料理を味わいました。

寮生たちもおせち料理に大満足の様子。丁寧に細かく切り分けられた具材、松の枝に刺した黒豆、お雑煮には花柄に切られた人参なども入っており、お母様たちの技術と細やかな気遣いが「料理を目で味わう」を体現してくれていました。
日頃食べる機会の少ないおせちの具材ではありましたが、30人分のおせち料理と余った具材があっという間に無くなってしまいました。

最後にさつき寮、みずき寮、留学生ハウスの各寮の寮生たちが代表して今日の企画のお礼と感想を述べて貰いました。寮生の誰もが貴重な体験と美味しいおせち料理に感動と感謝を述べていました。

このような素敵な企画を毎年実施して下さっているグレースライオンズクラブの皆様には、心より感謝いたします。

2017年ハロウィンパーティー

2017年10月28日(土)、さつき寮にてハロウィンパーティーが開催されました。
今回で2年目の開催のハロウィンパーティー、当日は台風の接近での雨模様でしたが、さつき寮、みずき寮、きょうと留学生ハウスの3棟の寮生たちやその友人なども含め約40名ほどが集ってパーティーを行いました。

パーティーが開催されると様々なコスチュームに変装した寮生たちが続々とコモンルームに集まり、賑わいはじめました。そして机いっぱいに広げられた食事を楽しみながら至る所で記念撮影会が行われていました。


今年からコスチュームコンテストが実施され、参加者からの投票で一番素敵な仮装をしてくれた寮生を選びます。コンテストに参加してくれた寮生たちは趣向を凝らした仮装でアピールしてくれました。そしてMCを勤めてくれたさつき寮の寮生2人がコンテストを大いに盛り上げてくれました。

 


今年のコスチュームコンテストで一番の栄冠を手にしたのは「貞子」。奇抜なアイディアで会場を笑いに包んでくれました。上位入賞3名には素敵な?プレゼントが進呈され、3棟合同で実施したハロウィンパーティーは賑やかで楽しい会になりました。

同志社女子大学の学生たちとたこ焼きパーティー

平成29年7月8日(土)、同志社女子大学に留学中のさつき寮、みずき寮、きょうと留学生ハウスの寮生たちと同志社女子大学の日本人大学生たちが合同でたこ焼きパーティーをさつき寮で実施しました。
同じ大学で学ぶ日本人大学生と留学生たちが一緒に協力しながら、たこ焼き作りに取り組んでいました。
買い出しから調理の準備など手際よく進み、初めてたこ焼き作りに挑戦する留学生たちにも丁寧に説明する姿が印象的でした。
たこ焼きの他にもチーズやウィンナーなど変わり種入りたこ焼きにも挑戦し、味には大満足の様。その後も一緒に歌ったりゲームで遊んだりと賑やかな声が談話室に響いていました。
賑やかな声に誘われて談話室を覗きに来た他の寮生たちにもたこ焼きを振る舞ってくれ、気配りも忘れない女子たち。パーティーが終わった後のキッチンの清掃もバッチリ。ゴミ一つ残すこと無く、彼女たちの女子力の高さには脱帽です。ぜひまた遊びに来て下さいね。

2017年 3棟合同研修(天橋立)

京都伝統工芸大学校を後にした寮生たちは、途中昼食を取ってから天橋立へ向かいました。
昼食は宴会場に通されて座敷の上での御膳です。日本の観光風情さながらの光景ですが、留学生たちにとっては新鮮な体験だったようです。お土産物屋では様々な特産品(海の幸や山の幸)、普段見慣れない食材に興味があるようです。

天橋立に到着した寮生たちは、智恩寺から観光船に乗って傘松公園へ向かいました。船上では船を追って飛ぶカモメに餌付けをする寮生や、目の前にそびえる山々や宮津湾の海岸線を眺める寮生など、各々が船でのひと時を楽しんでいました。
観光船が一の宮に到着し、そこから徒歩で籠神社を通って傘松公園に登るリフトに乗り、山頂へ向かいました。

傘松公園の展望台に到着した寮生たちは、眼下に望む天橋立に興奮の様子。もちろん、お約束の股覗きは忘れません。各々がカメラや携帯を手にしては天橋立の光景を写真に収めていました。
集合時刻になり、改めて全員で集合写真を取る際に嬉しいゲストが加わってくれました。傘松公園ご当地ゆるキャラ「かさぼう」が記念撮影に加わってくれました。これには寮生たちも大興奮、その後も「かさぼう」を囲んでの撮影大会に…。

当日は天気にも恵まれて、寮生たちは京都府の誇る伝統工芸の体験と日本三景を堪能することができたかと思います。「1日では足りない」「泳ぎたかった」とやりたい事がいっぱいで物足りなかった寮生たち。帰りのバスの中ではいつまでも途絶えること無く、和洋のカラオケが鳴り響いていました。