中立ふれあい広場+盆おどり

平成30年8月4日(土)、「第12回 中立ふれあい広場+盆おどり」のイベントが京都市立新町小学校グラウンドにて開催され、きょうと留学生ハウスの留学生たちが初めて参加させて頂きました。
会場に到着したらまずは腹ごしらえ。日本の屋台の定番のフランクフルトや焼きそばに、焼き鳥・おでん・みたらし団子などのテントが並んでいます。おでんを食べるのは初めてという留学生も多く、みんな楽しそうにテントを回って屋台の味を堪能していました。お腹が膨れた後は盆踊りが始まるまでの時間、ストリートダンスや沖縄音楽ユニット「トゥイチチ」さんの演奏を楽しみます。初めて聞く三線の音色に、楽器の名前を尋ねる留学生もいました。

途中でスタッフの方が、本日から始まった「京の七夕」の堀川会場で舞妓さんのステージがあると教えてくださいました。「舞妓さんのステージは明日でも見られるよ」と言っても、日本での滞在期間が限られている忙しい留学生たちにとってチャンスはそう何度もある訳ではありません。留学生たちは急いで堀川遊歩道に移動し、優雅な舞妓さんの踊りをしばし観覧。舞妓さんと一緒に写真を撮ることもできました。
その後、留学生たちは楽しみにしている盆踊りに参加するためにまた早足で新町小学校に戻ります。

会場に到着すると既にたくさんの人たちが集まっていて、輪になって元気に踊っていたのは盆踊り!ではなく、マイムマイムでした。一瞬驚いた留学生たちでしたが、軽快なリズムと皆さんの余りに楽しそうな様子に、すぐに踊りの輪に加わって手をつないで一緒に踊りました。
そして、マイムマイムの後にお待ちかねの盆踊りです。最初に振り付けをレクチャーしてくださり、日本人にはおなじみの「炭坑節」が流れます。浴衣を着たご婦人方の横で見様見真似で留学生たちも踊り始めました。みんな覚えるのが早く、音楽が鳴り止む最後までやぐらの周りを何周も踊り続けていました。イベントのフィナーレは花火。会場の電灯が落とされ真っ暗の中、次々に点火される花火の演出を楽しんで終了しました。

留学生たちは「面白かった。」「楽しかった。」と感想を言ってくれ、日本の夏の風物詩である盆踊りを地域の皆さまと一緒に思いっきり楽しんだようです。留学期間を終えて帰国を間近に控えた留学生にとっては日本の夏の良い思い出の一つになったことと思います。このような盛大なイベントを企画・運営してくださる地域の方々や関係者の皆さまのご尽力に心より感謝申し上げます

広告