2018年春 防災・消防講習

平成30年4月17日(火)、さつき寮に入寮した留学生たちを対象とした春の防災・消防講習が実施されました。
今期は、留学生ばかりでなく日本人大学生のRA(レジデントアシスタント)も多数入寮しましたので、留学生たちは日本で生活する上で必要な防災知識と災害から身を守る方法を学び、RAたちは留学生たちが安心して寮生活を営めるために、寮内での防災意識の向上に役立ててもらう講習となりました。

前半はさつき寮内で、東日本大震災を題材にした防災ビデオを視聴し、その後上京消防署の消防署員の皆様が、地震などの自然災害が発生した際の注意事項について、RAの通訳を交えながら、説明していただきました。

座学の後、後半は、上京消防署に向かい、消火器の取り扱いなどの実地訓練を行いました、当日は生憎の雨模様でしたが、消防署の駐車場を火災現場に見立てて適切に初期消火を試みる訓練を行いました。生まれて初めて消火器を扱う留学生もおりましたが、全員が適切に消火器を扱うことを学ぶことができました。
留学生にとって日本は災害の多い国と理解されているようですが、適切な判断と適切な行動が被害を最小限に抑えることができることを留学生たちは学びました。

広告