2017年 留学生、たこあげ大会へ出場

平成29年2月26日(日)、嵐山東運動公園グランドにて開催された「第33回京都こどもてづくりたこあげ大会」に、留学生チームとしてさつき寮とみずき寮の留学生たちが参加しました。
大会当日の天候は晴天。穏やかな気温にも恵まれて、たこあげ大会会場には400名を超える子どもたちと保護者の方々が集まっていました。
留学生たちは、ワークショップで制作した手作り凧を手に持ってたこあげ広場へ走り出し、子どもたちや保護者の方々と一緒に凧あげを楽しんでいました。
子どもから凧に描いた絵柄の意味を尋ねられたり、保護者の設営した屋台での買い物を楽しだり、子どもたちも驚くほどに高くまで凧を飛ばして注目を浴びたり、飛んでいる凧同士の絡んだ凧糸を解すのに会話を交わしたりなど、様々な箇所で留学生たちは地元の方々とのコミュニケーションを楽しんでいるようでした。
留学生たちは連凧競技にエントリーしており、40枚連ねた凧をワークショップで作成しました。競技では留学生たちが40mの長さになった連凧を手に持って一斉に走り出し、連凧が空高く舞い上がると会場からは大きな声援と拍手が送られていました。
特別に設営されたステージでは様々な余興が企画されており、保護者の方々が演じるPPAPダンスやけん玉パフォーマンスに留学生たちも大盛り上がり、留学生たちは子どもたちと一緒にけん玉に挑戦して交流を楽しんでいました。
閉会式では各競技の結果発表が行われ、大凧部門と立体・創作凧部門の発表と表彰が行われました。各部門に4組ずつがエントリーされており、留学生チームは最後に発表される連凧部門で2位に入賞することができ、加えて「京都新聞社賞」も獲得しました。
天候にも恵まれたたこあげ大会、留学生たちは日本の伝統遊びである凧作りと凧あげ体験、京都市内の子どもたちや保護者の方々との交流など、様々な機会をいただくことができました。
留学生たちにとって日本の伝統的な新春行事を京都で体験でき、貴重な経験になったことと思います。

 

 

広告