京都洛南ロータリークラブとの交流会

平成28年6月25日(土)、さつき寮にて京都洛南ロータリークラブの皆さまを招待して交流会を実施しました。
先日に京都洛南ロータリークラブから、きょうと留学生オリエンテーションセンター(さつき寮、みずき寮)に生活家電(オーブンレンジ、IH調理器・鍋セット、ホットプレート)を寄贈して頂きました。今回の企画は、そのお礼を兼ねての交流企画となり、寄贈して頂いた生活家電を活用し、ホットプレートで焼き餃子、IH調理器で水餃子を調理しました。
交流会当日、パーティー開始の1時間ほど前から、さつき寮とみずき寮の寮生たち、そして両寮のオリエンテーターや京都府の職員たちが集まり、焼き餃子用の皮に餃子の餡を包む作業を開始しました。
20名程で一斉に餃子を包んだお蔭で、京都洛南ロータリークラブの皆さまが来られた時には、ほとんどの餃子が包まれていましたが、残りの餃子作りに京都洛南ロータリークラブの皆さまも加わって頂き、各テーブルでは和気あいあいと会話が弾んでいました。
定刻になったために一旦作業を中断し、パーティーの開催を宣言。そこで京都洛南ロータリークラブの佐藤会長よりご挨拶を頂き、その後RAと留学生の2名が代表して京都洛南ロータリークラブの皆さまにお礼を述べました。

ご挨拶等が終わって、いよいよ調理の開始です。
各テーブルに配されたホットプレートに餃子を並べ、焼き上がりを待っている間に各テーブルでさつき寮、みずき寮の寮生たち、そして京都洛南ロータリークラブの皆さまと歓談を楽しんでいました。談話室は餃子の焼ける芳ばしい香りと会話の声に包まれています。

前夜に中国人留学生たちが手作りした本場の餃子が、程よく焼き上がり、ホットプレートの蓋を開けた時には各テーブルで歓声があがり、焼き餃子は瞬く間に無くなるほどの大盛況でした。
次の餃子が焼きあがる前に水餃子が出されましたが、それもあっという間に無くなってしまいました。

途中、京都洛南ロータリークラブとの橋渡しにご尽力くださった、わたなべ邦子京都府議会議員が会場に来られ、ご挨拶をして頂きました。その後は交流の輪に入って頂き、さつき寮オリエンテーター(昼はホテルのシェフ)自家製のチョコレートケーキに舌鼓を打たれていました。
食材もあっという間に無くなり、台所に立って次の準備をしていたみずき寮のオリエンテーターたちも大忙しの様子。苦笑いしながらも楽しそうにしていました。

宴もたけなわでしたが、定刻となりましたので、京都洛南ロータリークラブの林会長エレクトより閉会のご挨拶を頂き、ご感想を述べて頂きました。各国の留学生たちが共同生活し、協力して今日の会を開催したことへの感謝のお言葉を頂きました。
最後に京都洛南ロータリークラブで伝統的に実施されている「手に手つないで」を辻親睦活動委員長の音頭で合唱し、参加者全員が手をつないで締めくくりとなりました。
世界中の留学生たちと地域の方々が、一つの場所で互いに手を取り、輪になる。ロータリアンの皆さまの日々の活動と平和に向けた想いが体現されたように感じました。
ご支援頂きました京都洛南ロータリークラブの皆さまに、この場を借りて篤く御礼申し上げます。

外部リンク:京都洛南ロータリークラブ「奉仕プロジェクト委員会活動報告~きょうと留学生と交流会~」

 

広告