京都洛南ロータリークラブの皆さまを迎えるための餃子作り

平成28年6月24日(金)、さつき寮では翌日に京都洛南ロータリークラブの皆さまをお迎えするにあたり、寮生たちで餃子作りを実施しました。
夕方6時過ぎから、さつき寮の中国人留学生たちやRA、そして京都府の職員などが集まり、約30人前分の餃子を準備しました。(水餃子約100個、焼き餃子約200個)
開始当初は大量の餃子を作るにあたり戸惑う様子もありましたが、中国人留学生たちがテキパキと指示して動く様子に、他の参加者たちも影響され、白菜のみじん切りや餃子の皮づくりなどに懸命に取り組んでくれていました。そして、水餃子と大量の餃子の餡ができあがり、冷蔵庫に保存して翌日の調理に備えます。
餃子の皮に餡を入れる作業も残しておき、京都洛南ロータリークラブの皆さまと一緒に餃子包みを体験して頂くことにしていましたが、大まかな作業が終わったのは夜9時頃になっていました。
餃子作りに参加した寮生たちには、慰労も兼ねて少し試食して貰いましたが、とても満足のできる味となっていたようです。
寮生たちが力を合わせて作った餃子は、きっと京都洛南ロータリークラブの皆さまに満足して頂ける味になったと思います。

 

広告