さつき寮&みずき寮

 「きょうと留学生オリエンテーションセンター」は、京都府の遊休資産を活用し、民間活力を導入した手法で整備した留学生宿舎です。さつき寮(上京区)とみずき寮(左京区)の2棟が、2014年3月20日に竣工しました。

寮には来日間もない入居留学生が、京都での生活に1日でも早くなじめるよう「留学生オリエンテーター」と日本人学生による「レジデント・アシスタント(RA)」が様々なフォローをしています。寮生同士の交流や地元行事等へも参加し、留学生たちが大学での生活だけでなく、様々な交流を通じて多様な文化や習慣等で楽しい時間を過ごしています。

このブログでは、きょうと留学生オリエンテーションセンターで生活する学生たちの日常の様子を 紹介していきます。

新春おせち料理企画

平成29年1月22日(日)、さつき寮では新春企画として、日本のお正月を味わう「おせち料理企画」を行いました。
日本の新年の伝統であるおせち料理を留学生たちに知ってもらいたい。日本の家庭の味を感じてもらいたい。そのような思いから、昨年に引き続き京都グレースライオンズクラブの皆様からの御厚意によっておせち料理企画が実現しました。
寮生たちはおせち料理に使われる具材調理をお手伝い。錦糸卵を焼いたり、芋きんとんを丸めたり、ちらし寿司用の酢飯を作ったりと同クラブの皆様と寮生たちとが一緒に料理しました。
できあがったものは、ちらし寿司、黒豆と金時豆、芋きんとん、酢蓮根、海老、お煮しめ、お雑煮。それらを御用意していただいたお重とお椀に入れ、祝い箸を揃えておせち料理の完成です。
ハラルやベジタリアンの留学生にも配慮して、お酒や肉類を一切使わないヘルシーな献立となりました。
調理の際にエプロンと割烹着を提供されたのですが、エプロンや割烹着を着た男子留学生たちの出で立ちが寮生たちの笑いのツボを刺激したらしく、笑いが溢れていました。
調理されたおせち料理も全て完食、寮生たちは日本の伝統と日本の家庭の味に大変満喫した様子です。
今年も留学生たちに貴重な体験を企画していただいた、京都グレースライオンズクラブの皆様には、この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。

2017年 新春お餅つき大会

平成29年1月22日(日)、滋野地区の新春もちつき大会に、さつき寮の寮生たちが参加しました。
寒さも穏やかな晴天に恵まれ、多くの留学生たちが日本の新春行事、お餅つき大会を体験しました。
参加した寮生たちは、これまでの持ったことのない杵を両手で握り、地域の方の掛け声に合せて餅をついていました。
会場では、きな粉餅とおろし餅、ぜんざいが振る舞われて、餅つきで一汗かいた寮生たちはそれぞれ、つきたてのお餅を味わっていました。
その後、寮生たちは婦人会の皆様の輪の中に入ってお餅を丸めたり、日本の伝統遊びでもある羽つきを地域の子どもたちと一緒に遊びました。テニスラケットとは勝手の違う羽子板に悪戦苦闘の寮生たち、子どもたちから声援を受けながら楽しんでいました。

2016年 Happy Holiday Party

平成28年12月22日(木)、さつき寮でHappy Holiday Partyを開催しました。
先日桂高校より頂戴した京野菜などを贅沢に使った、今年最後の寮生たちの交流企画です。
寮生たちと一緒にパーティーの準備をはじめ、一段落したところで先日のRA企画で作成した陶器が焼き窯から届いたので、参加者たちで出来上がった作品のお披露目会を行いました。丁寧に包まれた紙から焼きあがった陶芸作品が姿を現すと一つ一つに歓声が上がって盛り上がりました。
パーティーでは、巻き寿司やチキンナゲットのようなフィンガーフードから、聖護院大根と聖護院蕪を使ったおでんと金時人参を使った酢漬け、九条ねぎを使ったキッシュなどの京野菜料理の他、チキンのトマト煮ソースのパスタや牛すじの赤ワイン煮込み、デザートにはオレンジゼリーや丹波栗のムース、抹茶のケーキなど豪華な食事が並びました。昼はホテルのシェフをしている夜間のオリエンテーターの腕前が存分に活かされ、参加した寮生たちも予想外の品目の多さと美味しさで大満足の様子でした。
2016年も年の瀬に差し掛かりましたが、さつき寮で生活している留学生たちにとっても、この一年間での様々なイベントや地域との交流を通じて日本での留学生活を楽しんでいることと思います。
さつき寮での経験が、留学生たちにとって貴重な日本での思い出になればと願っています。
この一年、関係者の皆様には大変お世話になりました。
来年も引き続き、きょうと留学生オリエンテーションセンターをどうぞよろしくお願いします。

京都府立桂高等学校との交流

平成28年12月15日(木)、さつき寮に珍しい来客がありました。京都府立桂高校の高校生たちがさつき寮の留学生たちにプレゼンテーションを行いに訪問してくれました。
桂高校の授業での取り組みで、京都でまだ脚光を浴びていない観光資源を発掘し、外国人旅行者に向けた体験型ツアーモデルを企画、その運営と地域の町おこしに繋がる関係団体との連携を含めたビジネスモデルをさつき寮の留学生たちに聞いて貰い、そのフィードバックを聞かせて欲しいそうです。
高校生たちがさつき寮に到着した時には、京野菜が溢れるほど入ったダンボール箱を手に持って来てくれました。聞けば桂高校の農園で栽培している京野菜だそうです。初めて見る京野菜などに留学生たちは興味津々、なかでも大きく育った九条ねぎや聖護院大根などを手に取ってその大きさと重さを実感していました。
高校生たちのプレゼンテーションがはじまると、留学生たちはしっかりとその説明に耳を傾け、通訳をしてくれたRAたちの活躍もあり、その後の意見交換会では留学生たちからも奇譚のない意見が飛び交っていました。高校生のみなさんも実際に留学生たちから意見を聞くことができて自信を深めたことでしょう。
頂いた京野菜は、来週に予定しているHappy Holiday Partyで寮生たちに振る舞いたいと思います。
プレゼンテーションに来てくれた桂高校の高校生のみなさんが、将来大学生となってさつき寮のRAとして来てくれたら嬉しいな・・・と思うオリエンテーターでした。

2016秋防犯・交通安全講習

平成28年12月6日(火)、さつき寮にて上京警察署の署員の方々に来て頂いて、防犯と交通安全についての講習をして頂きました。
講習は、大きく分けて3つの内容に分けて頂き、1つ目はビザや就労について、2つめは犯罪(痴漢、窃盗など)に遭った時の対処方法、3つ目では交通ルールや道路標識などについての説明をして頂きました。最後に恒例となっています護身術についての講習を受けました。
護身術の講習の冒頭にて「身を護るためには大きな声を出す」ことが大切とのことで、講習に参加者全員が大きな声で叫ぶことから始まりました。最初は遠慮がちだった寮生たちも次第に声を張り上げる事ができるようになりました。
咄嗟の事態には母国語は違っても、大きな声を出して周りに知らせることも大事な護身術です。

 

2016年秋ウェルカムパーティー

平成28年11月5日(土)、今秋にさつき寮に入寮した留学生たちと地域の方々との交流会、ウェルカムパーティーが実施されました。
寮内では先の体育祭やRA企画、ハロウィンパーティーなどで寮生たちの交流は盛んに行われておりましたが、地域の方々とは体育祭以来でしたので久々の再会となりました。
体育祭での思い出話から着物の着方について、日本の武芸についてなど地域の方々と交わす話題も幅広く、寮生たちと近隣の方々との世間話が弾んでいました。
留学生と地域の方々とで互いに世間話ができる間柄になるというのはとても大切なことだと思います。

2016年 RA企画

平成28年10月29日(土)、さつき寮のRAたちが寮で生活する海外留学生に日本の伝統や工芸、文化などの体験を目指す寮外活動、RA企画が実施されました。
今年度は、陶芸体験。会場である陶芸教室で一人一人がろくろを回して焼き物作りに挑みました。
初めての体験で不慣れな留学生たちに一人一人丁寧に指導して頂き、留学生たちは真剣な眼差しでろくろに手を添えています。思い通りの器に成形した後、絵の具を使って色付を行い、様々な模様やデザインを器に描いていました。
作成した器は、教室で焼き上げて貰い1ヶ月後に郵送で届く予定です。
到着後、寮の食卓が様々な焼き物の器で華やぐことでしょう。